« 2007年08月 | メイン | 2007年11月 »

2007年09月03日

●ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

ニートの力をおおいに活用して、平日朝一を見てきました。
朝一の映画で割引ついて、ちょっとお得だった。


それはともかくヱヴァンゲリヲン。
見て思ったのが、少なくとも僕らの世代には直撃するものがこのアニメにはあるんだな、ということ。
小学生・中学生とエヴァ漬けで日々を過ごした僕だが、完結し10年以上たってその感慨も枯れかけていた。原典であるTV26話+劇場版を元に繰り返されるメディア展開に辟易していた。
だけどこれを見て、やっぱりエヴァはすごいなー、と思わざるをえなかった。
TVシリーズとなんら変わらず、そこそこにクオリティアップしただけの作品に見えるが、その実とんでもない布石がそこかしこに配置されている。
ADVゲームで言うなら2周目の序盤という感じかな。
これから原作に対して180度違う方向に分岐し突き進むんじゃないか、という期待感がそこらかしこに満ち溢れている。

今回はヤシマ作戦までだったけど、そのヤシマ作戦にしたってワクワクものだった。
メカ演出をこれでもか、これでもかというくらいにクオリティアップ。ロボットスキーの男の子にはたまらない演出でした。

そして演出で一番強化されたのは間違いなく使徒の力強さだと思った。
サキエルにしろシャムシエルにしろ、劇場版クオリティでドカンバカン暴れまわる。
TVシリーズの時には「ビビッってないでとっとと攻撃しろよ」なんてシンジ見て内心思ってたけど、今回の使徒を見ると「そりゃビビってしょうがないわな」と感じてしまう。
特にラミエルにいたっちゃその演出は半端ではない。自分の領域に入ったものを片っ端から破壊していく様はTVシリーズの比じゃない。ラミエルの加粒子砲にさらされた場所は、核爆発の中心地にいるように、焼け野原で周りがグツグツと煮えたぎってるわけですよ。

そしてそれに立ち向かうシンジが何ともかっこいい。
今回の「序」では綾波の出番がとことん少ないんだけど、かわりにミサトさんが追加シーンでバリバリ活躍している。原作ではシンジとミサトの関係ってのはマイナス方向には進展していくが、プラス方向に進展していないように見えてた気がする。
それに比べると、今回はシンジとミサトという関係に焦点が当てられ、少しずついい方向に向いてる気がする。
ラミエルの攻撃を受け嗚咽を漏らしながらコクピットにうずくまるシンジが、ミサトからの信頼を受け、立ち上がるシーンは原作にないヒロイック的な印象を受けた。
外人に嫌われるアニメキャラ1位のシンジなわけだけど、泣きながらも必死に戦うシンジ君をもっと応援してほしいよw

面白かったけど、原作しらない人、一見さんお断りな作品ではあった。
原作しってる人は見てきて損なしですぜ。

以下ネタバレ

続きを読む "ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序"