2013年07月28日

●最近読んだの

・パックス・モンゴリカ

最近、ちょっと調べたくて読んでたモンゴルもの。
モンゴル帝国のすごさがよくわかりもうした。

・マーブル・アーチの風

特に意図せず手に取った本だったが、かなり面白かった。
SF短編集
表題もすごかったが、「ニュース・レター」が興味深く、面白かった。
見えないSFとでもいうのだろうか、あの雰囲気は好き。

・穴 HOLES

MOTHERをなぜか思い出してしまう。
人生の辛さとか、それを乗り越えるタフネスさとか、小説としてだけじゃなく、なにか啓発されるようなパワーがある物語。
ラストの鮮やかな集束感はすごい。スッキリ。

・ルナ・ゲートの彼方

ハインラインには本当に外れがないなぁ。
サバイバル実習で異星へ飛ばされた主人公たちが、事故で戻れず、その未開の惑星でサバイバルする話。
ある程度の段階で物語的に失速するかと思ったけど、最後までグイグイ引っぱるすごさがあった。
すごい好き。

・世界の宗教

ビジュアル付きでわかりやすい本。
ジャイナ教とヒンドゥー教のよくわからなかった所がすこしわかった気がする。


2012年03月14日

●ネギま最終回

マガジン読みました。
終わったなぁ。
なんつーか、本当にこの終わり方は勿体無さ過ぎる。
何だろう。負の要素みたいなのが足りない気がする。
キャッキャウフフと皆が笑いながら、全員が幸せで一点の曇りも無く、将来も安泰で、父親も復活して嬉しいね。
いや……本当に何なんでしょうね。
なんつーか、作品愛が足りない。そんな気がした。

2012年03月11日

●最近読んだ本

色々メモ

●俺の妹 9巻

枕元に放置してあったんで、だらーっと読んでみた。
あやせカワイスw

●彷徨える艦隊

最近読んだわけじゃないけど、新刊出てたので一応。
6巻まで読了済み。
未来の宇宙国家同士の戦争で、自分の戦艦が被弾し、脱出ポッドに乗り込んだ主人公のギアリー大佐はそのままコールドスリープ。救助された時にはかなりの時間が経っており、自分は過去の英雄として伝説化していた……。
みたいな話。
戦争の尋常ならざる長期化により、人材育成が滞り、素人軍団が戦争をしている状況。「戦術? 何それ?」みたいな脳筋どもに一から戦術とか軍隊ってのを叩き込んでいく苦労人ギアリー大佐。
アマゾンレビュー読んでて気付いたんだけど、どうやら訳者がかなり酷いらしい。
僕でさえ違和感を覚えていたくらいなので、よほど酷いみたい。
それでもそれを補う面白さがある。

●時砂の王

小川一水さんの作品を初めて読んだ。
ミヨ様が熱い。世界史を舐め尽すような作家さんの知識もさることながら、ミヨ様の一アクション、一アクションがなんとも輝いてた。
ただ、いささか風呂敷の畳み方が強引だった気がするが。
正直読んでて「この一冊で終わらないだろ!」とか思ってたけど、きっかり終わらせたあたりはすごいと思う。

●導きの星


やっぱり最近お気に入りの小川一水先生。全四巻読了。
遥か未来の世界で、人類は異星人を育てる仕事をしていた。
主人公の司は三人のパーパソイドと共に、とある星を育成する事に……。
みたいな話。
スワリスというリスに似た種族を育成していく。そいつらが無性に可愛い。気分は育成ゲー。
また、それぞれの年代のオムニバス形式になってるんだが、それぞれのエピソードが見事。飛行機の話は本当に熱かった。
単なるオムニバスだけでなく、エピソード事に繋がりがある、芯のある大河物語になっている。
特に四巻では驚天動地の展開で、十ページ先が予測できないあたりわくわくさせてもらった。
はらはらさせながらも、読後感がいい終わり方も素晴らしい。

●夏への扉

猫好きとロリコンを楽しませてくれる話。つまり僕か!
ハインラインの猫感に親しみを覚える。猫を飼ってたりする人なら「あー、わかるわかる」といったあるあるが時折提示される。
五十年前の小説ながら、時に流されない不変の価値観がそこにある。もちろん猫の。
そして十歳の女の子と結婚するためにはどういう手順を踏めばいいかも、懇切丁寧に書いてくれている。
なるほど! コールドスリープか!
で、それはどこらへんの会社がやってるのか、kwsk!

●ローマ人の物語〈17〉悪名高き皇帝たち

ティベリウス可愛そうです。

2010年07月01日

●惑星カレスの魔女

宮崎駿の表紙イラストが入った創元文庫作品、「惑星カレスの魔女」読了。
つ……続きが読みたい……。
4,50年前の作品らしいが、その魅力は新鮮でビンビン。なんだこの面白さww
ある理由で宇宙船ベンチャー号を駆るパウサート船長は、途中立ち寄った星で奴隷の少女を助け、最終的にその少女を買い取ることになる。
少女の名はマリーン。実は惑星カレスのウィッチで予知能力を持つ娘だった!

……と、こんな感じのあらすじなわけです。うわー、どこかのラノベでありそうなイントロなわけですが、ダマされちゃあいけないw

実はマリーンには妹が二人おり、その二人も同じ星で奴隷として働かせられてるとか。その子らも助けることになった船長涙目。
次女のゴスはテレポート魔女で、かっぱらいしたりとか過激な行動を起こすヤンキー少女。
三女のザ・リーウィットは表紙の宮崎絵のせいで、イメージはトトロのメイ。もうそのまんまw
そんな三人の魔女を故郷の惑星へ送ることになるのだが……。

まぁここまでもありきたりな感じはするw船長に好意的な長女に、対抗心を燃やすヤンキー次女、やかましい三女。
まぁ長女がヒロインで、表紙の宮崎絵も船長とマリーンのツーショットを描いてると思うじゃないですか。
ところがどっこい、実はヒロインは次女だったりするw
もう長女なんてイントロしか出てこないよw途中からは次女であるゴスと船長のナイスコンビっぷりをひたすら見る冒険活劇なスペースオペラなのだw
王道というテンプレに汚染された僕ら21世紀人には予想できない展開の数々に、面白い設定、魅力的な船長とゴスのコンビ。楽しくて仕方がないよw
読み終わった後、思わず「二巻を出してくれ!」と叫びたくなるw
ただ半世紀ほど叫ぶのが遅かったみたいだが。

日本人の僕が思うくらいだから、海の向こうの作家達も同じ事を思ったらしく

勝手に続編作ったらしい。和訳を可及的速やかにたのむ。
もしくは僕が読めるようになるしかないのか……。


2010年01月19日

●天の光はすべて星

グレンラガンの最終話の原題にもなっていたSF小説。
アマゾン価格がうなぎ登りしてたんだけど、いつの間にか再販されて普通に売ってました。

元宇宙飛行士のおっさんが、ある議員が木星探査船を作る法案を議会に提出する、という事を聞き奮闘する話。
熱い、このおっさんが熱すぎる。
60間近のおっさんが木星探査船を自分で作る……というわけではなく、監督者になりあわよくばそれに乗り込んで宇宙に出ちまおうぜ、と考えてる宇宙狂い。
主人公の一生は星の海への渇望に満たされていて、とにかく宇宙に行きたい!という意思がビンビン感じられる。
僕はつくづくおっさんが宇宙に出る話が好きなんだなー。スペースカウボーイとかさ。

あとがきにてグレンラガンの作者さんが色々書かれてたが、なんとなくこの作品にはグレンラガンの源流みたいなのもチラホラと感じた。
「意思の継承」というやつだろうか。
読み終わって不思議な感じになったわ。
すごい名作、というわけではないが、ときたまもう一度読み返したい作品ではある。
そこそこオススメ。