« 2007年04月 | メイン | 2007年07月 »

2007年05月30日

●スパイダーマン3

見てきた。

ネタバレするかも。お気をつけて。

ネットで評判見てるとイマイチなのが多いけど、僕は面白かった。
内容的には3だけじゃなく、4の半分くらいも無理矢理つめた感じ。
その分アクションシーン多くて良かった。つか金のかけ方がすごすぎた。
ヴェノムにサンドマンにハリーゴブリン(名前知らない)と、普段の3倍の敵を迎えつつ、ピーターが喧嘩したり悩んだり悪に走ったり。おおむねNYに危機はなかった。ほとんど私闘私怨。

そういやMJ、こいつ毎回気に入らないことあるとすぐ他の男のとこにいくよな。女友達いないのがわかる気がする。だけど、さすがに3回目の人質のせいか、今回はヴェノムに一矢むくいたりジャンプしたりと微妙に活躍。次回ではゴブリンガールとかになって、ピーターとコンビ組んでほしいぜ!

そして今回の見所ハリー。3作にわたる因縁と友情の伏線が完結。
相も変わらず被害者意識バリバリで(でもよく考えたら4人とも被害者面してますね)、だけどピーターに対してすごい友情も持ってたりして、そこがいじらしい。
ハリーの顔が火傷でただれてるのが出た瞬間「あ、これで次回作は出てこないな」と確信しちゃったよ。
だけど最後のタッグ結成には燃えた。
ピーターとハリーの掛け合いと見事なコンビネーションアクションこそが3での最大の見所だと思う。
でもハリー殺す必要あったのかーー。
そこがよくわからない。次回作ではサンドマンあたりが手助けしてくれるのかね。そういやヴェノムどうなったんだろ。人気キャラだしまた出てくるのかなー。

そんなわけで面白かった。
NYではきっとスパイダーマンがあちこちで戦ってて、市民も節々でワクワクできるでしょう。
日本にもそういうヒーローが2・3人欲しいぜ。

2007年05月29日

●インサイド・マン

公開してた時に見にいけなかったけど、あっというまにDVDリリースで、準新作。
洋画は早いなー。
そんなわけで借りて見てきた。
超映画批評で高得点で前々から期待してました。
そして期待通り。
無能な犯罪者は数いれど、こんなに華麗な手口の犯罪者はなかなかいないぜ。

銀行強盗をしにきた犯人たちは、人質に犯人と同じ服を着せてしまう、という手法。
ネタバレにはならない程度に書き潰していくと
この手口の欠点を考えていたんだが、なかなかうまくできている。
変な話だが、日本で同じことはできないだろうなー。多種多様な人物、人種がいるアメリカでこそできる方法だと今さらながら思う。日本なんて前科洗ったらすぐバレそうだし。
そんな犯人達を外から交渉する刑事のデンゼル・ワシントンが主役らしい、キャストの順番だと。
スパイク・リーが一番上だと僕は思うんだけどで。そういやスパイダーマンのグリーンゴブリンの人もでてた。
ともかく、派手なアクションもCGもなかったけど、上質なシナリオでたのしませてもらいました。
ラスト30分になっても、まだ色々と謎が残ってるのはすごいと思うよ、いやマジで。
だけど1回見れば充分な映画。
レンタルでオススメ。

2007年05月27日

●ディープブルー

ディープブルーをいまさら見た。
なんとも表現しづらいけど、見てよかった。
映画のナレーションで「人は空ばかり見てきたが、いつも我々を驚かすのは海だ」みたいなこと言ってたけど、まさにソレ。
なまじ海を知ってる気がするから驚く。
カニの繁殖力ヤバイしw
この映画、海開きの前の日とかに地上波放送しとけばいいんじゃないですかね。
少なからず、海でのゴミ捨て減ると思う。

●web拍手
>坊主って難しいんすか?
簡単だと思う。だからこそビックリした部分もある。