« 2011年11月 | メイン | 2012年01月 »

2011年12月29日

●第一階層突破

世界樹の話。
スノドリさんを二度目の挑戦で撃破。ソードマンのチェイスは強いなぁ。
一回目はスノドリさん倒した後に、周囲の狼にフルボッコされたわけだが、アルケミの全体攻撃とチェイス重ねると、全員に攻撃出来るのね。
んで、B6Fに突入するも、あまりの敵の強さにびびる。桁違いやないかw
しかもFOEウロウロしてるし、当分レベル上げしないとダメなんじゃないのか、ココ。

2011年12月27日

●ありがたい事に

pixivで「魔改造千雨ちゃん’s」ってイラストを教えて貰う。
まさかの「千雨の世界」のイラスト化だった。嬉しくてニヤニヤした。
日曜日は忙しくて書けなかったので、どっかで時間作ってもう少し書きたい。
あと少し、少しで終わるはず。……はず。

●ピンドラ
見事な終わり方。
解釈によりけりだけど、あの終わり方は好き。
考察スレでも出てたが、まさか序盤のモブシーンで最終話のネタバレしてるとは思わなかった。

2011年12月23日

●アイドルマスター

アニメのアイマスは面白かったなぁ。
スタッフのアイマス愛が感じられた。あのアニメがそのまんまゲームになってるんだったら、僕はすぐにでも買いに行ってたと思う。
けどなー、PS3の体験版やったけど、正直微妙。
あのアニメの気合の入りっぷりが異常だったんだと痛感。
サクラもこれぐらい気合入れてたら、アイマスみたいに復活してたのかも。勿体無い。


某所で「千雨~」の話題を見かける。
僕は禁書全巻読んでますぜ。新約3巻は途中だけど。

2011年12月18日

●世界樹の迷宮

最近読んだ「殺戮にいたる病」が面白かった。
そのせいか、名作ミステリを読もうと、ネットの中古本サイトでまとめて注文した。
ついでに頼んだのが何故か「世界樹の迷宮」。
何時の間にやらめっさ安くなってたので、購入。
この前、ダンジョン探索RPG風小説を注文したら、見事に失敗しました。
良く考えたら僕はWIZもやった事ないし、ダンジョンといえばトルネコぐらい。
なので、ちょっとやってみた。

やばい、コレ面白い。

ギルド名は目の前にARIAのDVDがあったので「ぷいにゅ団」。
パラ・ソード・アルケ・メディ・レンの標準的な構成で、キャラ名はやる夫スレのお気に入りのキャラ達から。
現在平均レベル6で、二階のFOEにボコボコにされましたw
ど、どないなってるねんwあれ強すぎだろw
ソードマン一撃で死亡したので、実質5ターンで全滅確定wアルケさんだけが唯一の頼みでしたが、無理でした。
まぁ、ボチボチレベル上げてから再戦するかー。

2011年12月16日

●色々書いてる

あー、なかなか千雨書き終わらないなぁ。
あと少しなんだが、もうちょっとがうまくいかない。

●千雨
1~49話投稿済み。合計1010KBくらい。
10KB=5000文字。うちの場合は一話のボーダーラインは20KB。

50話 22KB 100% クライマックス一歩手前
51話 26KB 100% クライマックス始まり
52話 54KB 100% クライマックス中
53話 40KB 100% クライマックス大暴れ中
54話 28KB 100% 一つのクライマックス
55話 27KB 080% ある意味クライマックス
56話 00KB 000% 本当の意味でのクライマックス
57話 00KB 000% クライマックス重ねがけ
58話 13KB 030% エピローグで最終回

こんな進行状況。軒並み20KB越え。
他には

サクラ大戦 3話 60%くらい
るいことめい 12話 30%くらい
ユータッチミー 2話 25%くらい

なかなか進まないなー。

2011年12月12日

●パフューム

パフュームのアルバムがいい感じ。「不自然なガール」とか「VOICE」とかヤバすぎる。
あと、今日PSVITAの予約キャンセルした。
ペルソナ4が出たら買いたいが、当分出ないみたいだし、見送り。
初期ロットも恐いし。

そういや、うちの周りの家屋がドンドン無くなる。
もう我が家の周囲は空き地だらけで、もう全裸状態も甚だしい。

道□□
路●□
道■■

●が我が家。■がご近所さん。□が取り壊した家、もしくは取り壊し予定。ちなみに隣接した家のうち2件はもう取り壊されてる。
道路向かいなんて空き地だらけだし、二三軒隣もバカスカ壊してる。
未だに震災の後は根深いのね。
家も最近になって、また奇妙な雨漏りが発覚したし。
壁も天井も濡れていないのに、家屋の中央に水溜りが出来るという……。どの経路で水が入ったのか不明。もうヒビ割れとか勘弁して欲しい!

2011年12月07日

●出かける前に

家出る前に投稿。
「ユー・タッチ・ミー」という、なんか良く分からん奴。
リメイクとも言う。
最近忘れてた事を思い出したので、それを念頭に置いて書いてみた。
最近千雨も進みいいので、調子がいいかも。
さっさと二次創作を作りきりたい。

2011年12月04日

●つまらない

なんなんだろうね、このガンダムの出来は。
つまらなすぎ。
日野さんさー、分かってるのかな。ガンダムのテレビアニメってすごい金かかるのよ。
いまどきMSを3Dじゃなく、手書きで描くアニメなんて数少ないわけ。
そんな中、こんなクソアニメを作らせるって……まさにドブ金。
これに金掛けるんだったらクロスボーンなり閃光のハサウェイなりにをアニメ化した方が数百倍マシ。
もうね、何がダメって驚きが一切無い。
シナリオが破綻している→そのためキャラに感情移入できない→キャラに魅力が無い→そのため爽快感も驚きも無い。
もうね、なんつーかこんな感じ。
世代交代を売りにしている、なんて事前に公開する事事態おかしい。
それに世代交代売りにしているのに、この最悪のテンポ。本当にわけわからんし。

これを考えればグレンガランがいかにすごい事か。
あれもカミナ→シモン→ギミー・ダリー世代と、ある意味三世代に渡る話とも言えなくない。
その中で受け継がれる意思とか、そういう熱いものが全編に渡って溢れていた。
また、溢れるアイディア、それこそ二年分くらいのネタを、2クールという短いフィルムに押し込んだのも、いい意味で漸進だった。
まさに名シーンの連続。パっと出のキャラ達に感情移入しちゃうあたり、キャラの魅力は登場時間に比例しないと痛感した作品だった。
ロボットとてそうだった。
ガンダムAGEと同じく、グレンラガンは次々と進化していく。
次はどんな風に進化するのかと、最後までワクワクさせてもらった。

ところがガンダムはどうよ。
タイタスとかスパローとか、正直何の触手も動かない。
敵役は敵役で、わざとらしい演技が鼻につき、敵倒しても爽快感無いし。

あぁ、もう本当に腹立つ。こんなガンダム作らないでくれ。
ゲームでオリジナルタイトルだったら「ふーん」ぐらいでスルーしてたが、大好きなガンダムをこれだけグチャグチャにされるとなー。
つか、今回ので分かったんだが、日野さんは子供向けタイトルを多く作ってるのは、単純に大人向けのシナリオがかけないんだと思った。
子供はささいな矛盾などスルーしてしまうし、それの延長線でガンダムAGE作ってるんだわ。
でもさ、子供だって本気で取り組んでくれなきゃ反応してくれないと思うんだが。
かのファーストだって、マジメに取り組んでたからこそヒットしたわけだし、それをないがしろにして適当に作ったもんだから子供にも鼻で笑われるこんな駄作が出来上がったわけだ。
まだ五分の一しか経過してないから、もしかしたら後半で名作に化ける可能性も無きにしもあらず。
でもそれは日野さんが降板して、かなりのテコ入れしないと無理な気がする。

ユニコーンでも買うかなぁ。