2012年09月21日

●本田www

オレ「頼む、俺に蹴らせてくれないか…?」本田「!!?」 - ゴールデンタイムズ
分かってるのに笑ってしまうwww

2012年03月12日

●真・やる夫†無双 ~白色演義~

「真・やる夫†無双 ~白色演義~」が完結。
うちの千雨と開始時期が大体同じなんだが、なんか完結タイミングも同じくらいで親近感。

量も質も人気も圧倒的に負けてる気がするが。
難しい題材をエタらないで最後まで書く当り、本当にこの作者さんすごいなー。

2011年11月07日

●うはぁ 男友達

「やる夫に男友達ができたようです」が完結。
リアルタイムで追いかけてもーた。
面白かったんだが、クライマックスがとんでもない鬱。
ハーレム作品で、ディストピアと鬱要素をぶん回すあたり、作者さんのSっぷりが分かる。
なんか読後感がえらい感じだわ。
ifエンドとか見たいなー。

2011年11月01日

●面白すぎる

何!?脱走したアムロがジオンに亡命しただと!?@ ウィキ - トップページ
これ読んでたせいで、ここ二日ほど千雨進まず。
面白い!

なんつーか、ガンダムスキーがニヤニヤしっぱなしのSS。
アムロがジオンに寝返るだけで、みんな幸せ!みたいな感じです。
ランバ・ラルもハモンも黒い三連星も死なず、しかもダイクン派としてシーマやらジョニー・ライデンまで吸収。
ラルの親父っぷりとか、バーニィの兄貴っぷりとかたまらない。
しかもカップリングも新鮮で、一応メインヒロインはセイラさんっぽいんだが、ぶっちゃけ空気。
ロリハマーンこそがヒロイン!
つかハマーン様ってZZの時でも22歳、アムロとたいして歳離れてないんだよね……。
あとシャアのカップリングも面白かった。
ララァに見向きもせず、原作で不遇だったあの人がヒロインとか。
更新が楽しみすぎるSSだわ。

2011年09月17日

●自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

「自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」を読みました。今更ですが。
書籍化された方では無く、Arcadiaで投稿されてた方。
以前、削除される前に保存しておいて良かった。つっても二回ほど序章読んでやめてしまってたんだが、ある程度読み進めるとすごい面白い。
作者のとどくさんの九洲戦記も読んだことはあったんだが、あの作品と同様に、実体験に基づいた自衛隊描写はなんかすごくリアルに感じられた。まぁ、僕はミリオタじゃないんで、自衛隊知識サッパリですが。
「ファンタジー世界に行ける門が、日本に出来たら」を、かなりうまくシュミレート出来てて、そこにうまいことエンタメ要素が入ってた。
ドラゴン退治有り、自衛隊無双有り、ラブコメ・ハーレム有りと、なんでもござれでドッコンドッコン入ってた。
ただ、不遇なキャラの死とか、唐突な裏切りとか、なんでやねんとか思ったりもした。
ピニャが最後裏切ってるのにスルーとか、伊丹さんは懐広いなぁ。
あと、伊丹さん何気に活躍してない気が……テュカはまだ分かるが、ロゥリィとレレイが惚れた理由というか、そういうエピソードが無かったので、途中で「??」ってなってしまった。

とにかく書籍化版買ってみようと思うくらい面白かった。
色々疑問に思った所、加筆されてたらいいなぁ。
でも書籍版、一冊2000円近いのか……高い……。
1000円以内なら一括て買ってるが、2000円はなぁ。

2011年06月11日

●ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

川上さんの訃報を聞いてどんよりしてたんだが、Arcadiaで投稿されている「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」が更新されてた。
ここ二ヶ月くらい、ずーっと更新を追い続けてる作品。

が……すげーーーーーーーーーー!
最新10話が熱すぎる!
僕が大好きな、血沸き肉踊る熱血シチュエーション。
思わず時間すら忘れて、文章にのめり込んでしまいました。
素晴らしい、とにかく素晴らしい。

2011年01月24日

●ローゼンさん家

やる夫はローゼンさん家の家政夫になるようです
を昨日読了。
面白かった。
欝展開のほのぼの。ラブコメっぽくはないかな。
ヒューマンドラマが良かったなぁ。
おすすめ。

2011年01月03日

●白色演義

真・やる夫†無双 ~白色演義~が久々のスマッシュヒット。
三国志を丁寧に考証してらっしゃる。
その上で恋姫SSお馴染みの董卓ルートでオリジナル展開。
昨日一気に読んでしまった。次の更新が二週間後と考えると待ち遠しい。
どうにも最近は「やる夫板Ⅱ」より「やる夫スレヒロイン板」の方が当たり多いなぁ。

2010年12月31日

●おおみそかなのに

とりあえずSSを投下。
ついでにメモ。

スネ夫「ひぎぃぃぃぃぃ!!」 : 【SS宝庫】みんなの暇つぶし(ノ^^)八(^^ )ノ
出木杉「ひぎぃぃぃぃぃ!!!」 : 【SS宝庫】みんなの暇つぶし(ノ^^)八(^^ )ノ

面白かったのでメモ。
そんな酷い年の暮れ。

2010年10月17日

●やる夫と隣のお姫様

>やる夫と隣のお姫様
最近はじまったやる夫スレ。
短編作品なんだが、何気に面白い。
バンブレのタマちゃんが好きなやる夫が、ひたすらタマちゃんのためにチートになる話。
オススメ。

2010年09月18日

●千雨からロマンス

千雨魔改造もの。
投稿時期が自分のと被さり、自分の執筆に集中していたせいか、なかなか読めず。
最近一段落したので、読み始め、さっき最後まで読み終わりました。
面白いw
いやー、なんかキャラがみんな幸せそうでいいわ。
つか、この展開を原作でやってたら神だと思う。

どうにも最近の原作は、ネギの強くなり方が適当すぎてついていけない……つかネギいらない。

とにかく、うまい事完結しており、読みやすい長さ。
千雨魔改造ものの中でも中編で完結ってのは本当に珍しい。
オススメ。

2010年08月08日

●やる夫がDQⅢの勇者になるようです

やる夫がDQⅢの勇者になるようです
がついに完結。すばらしい作品でした。
更新の間隔が長く、エタったのか?と思ったら更新されたという状況を繰り返し、そしていつの間にやら完結。DQスレは多いが、その中でも異色なのに一番面白かったかもしれない。
この作品、他作品と違い、中盤までほぼ女っ気が皆無で、やる夫、やらない夫、鬼作さんの三人の人間関係がとんでもなく面白かった。
だが後半で沢近加入とともに、それぞれのキャラの思惑や葛藤が露呈していき、なんでか感動してしまう。
特にやらない夫と鬼作さんがすばらしく、やる夫スレのキャラの中ではこのスレの二人がダントツで好きでわ。
ぜひ作者さんには他の作品も作ってほしい。

>追記
なんだと……。
作者さんがや○夫ブログの管理人だと……!

2010年07月26日

●八神の家

リリカルなのはのSS「八神の家」が面白すぎて、一気に読んでしまった。
魔導師としての能力が一切ない主人公が、原作キャラの痛いところつきまくって、とにかく粉砕しまくる話。
好き嫌い分かれるだろうけど、僕はこの主人公めっさ好きです。
あとメインヒロイン(?)がアリサってのもいいね!
チートじゃないように見えて、ある意味チートな主人公なんだが、まぁリリカル勢を考えるとしょうがないかなー、とも思う。
バリアジャケットとか砲撃魔法とか、なんだかわからんがなのは勢はとにかく強いよな。
悟空とかエヴァとかでも、けっこう余裕で粉砕できそうなキャラ達だから、頭脳チートくらいは許されると見たw
あー、続きが読みたい!けど最近更新とまってるみたい。
まぁ、あの主人公の言い回し書くのは時間かかるよな、と読んでる最中ずっと思ってたけどw

2010年06月13日

●最近読んだSSとか

>ハルケギニア南船北竜
予想以上に面白かった。
ご都合主義っちゃ主義なんだが、逆にテンポが速くていいと思う。
他作品だとお茶を濁してしまうような部分もしっかりと描写されてて、なるほどなー、とか思ったりした。
すごい更新楽しみデス!

>やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
GS美神のSS書いてた人のやる夫。
面白いw
ドラクエの世界観をゲームだけでなく、漫画や小説などのサブ資料から保管しつつ、現実とつじつまが合うように設定されてるのが面白い。
モンスターを倒して得られるモノの使い道やら、それぞれの国の歴史。しっかり考えられてて良かった。
ただハーレムは個人的にいらないんじゃないかなー、とも思う。
いやね、ハーレムモノ好きですけど、キャラ多すぎてちょっといらないような気がしてきた。
DQ3の勇者になるようです、なんかはやる夫-やらない-鬼作の3人の人間関係でほぼ中身が完結している気がするんだが、この作品もやる夫-カガリで完結してると思う。
まぁ次に誰が仲間になるんだろう、というワクワク感はあるわなw

2010年05月31日

●迷宮恋姫が完結したでござる

袁紹伝に続き、理想郷の恋姫SSがまた完結。

もともと恋姫を知らなかった僕がハマる切欠になった作品で、この作品読んでから恋姫プレイしたぐらいです。
まさかこれほどの長編になって、さらにしっかり完結してくれるなんてなぁ。
恋姫はキャラ多いだけに少し消化不良ですが、戦国恋姫と同じくハッピーエンドでよかった!
ここ1年を楽しくさせてくれた名作でした。

迷宮恋姫【完結】 (真・恋姫無双 二次創作)

2010年05月25日

●袁紹伝

理想郷で恋姫SS「袁紹伝」が完結。
めでたいなぁ。
というか珍しい。
展開やら描写の薄さで感想板がときたま荒れた作品だったけど、最後までコンスタンスに更新しつつ、しっかり完結してくれたのはありがたかった。
恋姫長編SSってのは大概完結しないので、その点はすばらしい。
作者さんも完結目指して色々削った、って書いてあったが、個人的には成功だったと思う。
僕はすげー楽しみにしてたんだけど、某所ではボロックソにレビューされてたから心配してたり。
作者さんお疲れ様です。

2010年05月17日

●千雨ぇぇぇぇ

ArcadiaのSSがすばらしかったので、色々書いてみる。

・魔導師・長谷川千雨
ついに更新!
修学旅行編になっても面白さは変わらず!

・迷宮恋姫
まさかの展開。
いままでの迷宮がプロローグだったのじゃないかという予感ひしひし。
ワクテカの展開デス。

なんかこの二作品の更新があっただけで満たされた。

2010年05月11日

●魔導師・長谷川千雨

●拍手
>氏のサクラ愛には感動した。いいぞ、もっとやれ!と、SSサクラ2からのユーザーが言ってみる。いいよー、
>懐かしくて面白いよー。もう一回1からやりたくなったけどSS本体が死んでるんだよな……orz

ありがとうございますー。
僕も自分で書いててDC掘り起こしたくなってきました。
引越しでダンボールにいれっぱなしだわ……。


魔導師・長谷川千雨
掲載されてから時間たってるけど紹介したいので。
5月頭に理想郷に一気に投稿された快作。
いわゆる千雨魔改造モノ。
千雨SSを知らない人も多いと思うので注釈。

魔法先生ネギま!のキャラクターの中で常識人を貫き、魔法使いなどからすればアンチ的な立ち位置に置きやすいキャラ「長谷川千雨」。
その千雨は原作でもいい感じのキャラなんですが、特にこれといった特殊能力はない。
なので、彼女にほんの少し特殊な力を与えればあら不思議。とても面白いSSになる、という寸法。

もともとネットが得意で理数系な千雨に、プログラムっぽい魔法を使うなのははまさにベストチョイス。
なのに誰もやらなかったという不思議なジャンルを具現化。
しかもかなーーーーり面白いレベルまで昇華されているのだ。
ぜひ一読を。

そして千雨SSを気に入ったという人は他のも見てみるといいよ。
桂樹通信: 千雨魔改造SSリスト
ここで紹介されてるし、このサイト自体にも面白いのがいっぱいある。
個人的なオススメとしては
・運命という名のシナリオ
刹那のグダグダの依存百合がたまらない一作。
・紙は天にいまし、全て世は事ばかり
千雨の不屈っぷりがかっこいい。
・千雨と蟻と小銃と
長いし、展開が遅い。だけど面白い。
実力の隠しっぷりがいい感じで面白い。
・千の雨
ネギアンチ。ネギが嫌いな僕としてはスカッとする作品。更新がなかなかないなぁ……。
・とある科学の進路相談
「なのは」に並び、千雨とクロスしやすいと思われる「とある魔術」。
さっきの「紙は天に~」と同じ作者さんで、さっきのリンク先ブログで掲載中。
千雨がやっぱりかっこいいw


2010年04月03日

●面白い

理想郷の新しいSSが面白いなー。

>転生者は考える (異世界ファンタジー物)
テンプレ異世界転生チートオリ主。
と一行で表せてしまう内容ながら、なんだか読んでしまう。
なんかよくわからないけど、30時間くらいの間隔で更新されてるので、ほぼ日刊で読めるのがありがたい。

>【習作・ネタ?】迷宮立身出世【迷宮物】
SS紹介サイトであらすじは読んだものの、触手は動かず。
コメント欄ですすめられて読んだら一気読みしてしまったw
グールになってしまった主人公が、迷宮でモンスターとして立身出世していく話。
冒険者を食うたびに強くなっていくという設定のため、敵との遭遇がワクワクする作品。

2010年03月25日

●三国志外史  ~恋姫†無双~

久しぶりに読んでみたArcadiaの「三国志外史」。
文章が重くて、重厚すぎるせいで、なかなか一気読みできなかったんだが、ひさびさに読んでみはじめた。
あまりの面白さに最新話まで一気に行けました。
正直言ってこれが150話とか200話で完結したなら、ネット小説でも随一の名作になるでしょうね。
少なくとも「恋姫†無双SS」というカテゴリならまちがいなくトップクラス。
作者のサドっぷりにもう涎が止まらないw

他作品のように主人公が人外的なチートや、よくわからんカリスマ持ってたりなんてことなく、むしろ比較すればダメなほうで突き抜けてるこの作品の一刀くん。
だが、ここ数話における一刀がたまらなく熱い。


*******微ネタバレ*********


関羽が!張飛が!趙雲が居なく、さらに孔明、士元ははるか彼方。
眼前には呂布の牙門旗に高順、陳宮。
味方は手負いの500。
敵は袁術軍数十万。
笑いがとまらないとはこういうことだぜw
その窮地で味方を率いるは、初陣久しからずの我らが主人公一刀なわけだ。
燃える!燃えすぎるよ!!!
70話以上において引き絞られた展開。
多くの人が、この作品の一刀は「主役」でなく「傍観者」だと思ってたのに違った。
この作品の一刀は「主役」だったのだぁぁぁぁ!

2010年03月17日

●やる夫

・やる夫に男友達ができたようです
が面白いw
ガチホモというわけではなく、むしろハーレムものなんだが、世界観の設定が面白く引き込まれました。
男性の出生率がとんでもなく低く、女尊男卑になっている世界。というまぁなんとも行き詰った設定でw
やる夫の受けてきた仕打ちとかが最新話で少しずつ明かされてきてて目が離せないww
オススメです。

2009年12月30日

●ナンテコッタ

Arcadiaの赤松板で輝く一番星(?)こと「魔法Sっ子少女☆ノアま?」が作者削除をするとかなんとか。
面白いアンチ作品だっただけに残念極まりない。

そういや年末ですね。実家が忙しくてアハハウフフ。
コミケなんて異世界の話です、プギャー。
明日のガキ使SPは見れるといいな。

2009年12月13日

●銀河

やる夫の銀英伝モノを漁ってしまった……。
面白すぎるだろJK。

>やる夫がDQⅢの勇者になるようです
友人のすすめで読んでみたが、とんでもない当たりだったw
やる夫、やらない夫、鬼作さんの3人というとんでもないPTながら
漸進すぎる切り口でのDQ3がたまらなく面白い。
特に鬼作さんのツンデレ具合は異常。鬼作さんパネェっすwwww

2009年12月12日

●やる夫賢者

やる夫がドラゴンクエスト3で遊び人になるようです
読了!
賢者も読了!
いやー、えがった。
なんかもう節々で泣かされた気がする。
つかこれやったおかげで、FC版DQ3とか無性にやりたいw
あと蒼い子がかわいいことにやっと気づけた作品。

2009年12月08日

●ドラクエ

>やる夫がドラゴンクエスト5の主人公のようです
読了。
すんばらしー作品でした。
ここまでそれぞれのキャラを魅力的かつ、熱く見せてくれるとは。
最初はパーティーメンバーがトンデモだったので、ギャグ中心になるのかと思ったが、しっかり泣かせてくれた。
もう悲劇を回避する2周目なんて、けっこう涙腺刺激されちゃったよ。
ドラクエ5をやった人のほとんどが創造するifの話を、しっかりとした展開と、熱くなる描写で見せてくれた。
ピエールやらムスカやらロビンやら、本当にいいやつばっかだぜ。

やる夫の面白いのあったらどんどんおしえてくださいー!

2009年12月02日

●やるメモ

戦国立志伝を最新話まで読み終わったぜ。

その勢いのまま
>やる夫がときめきメモリアルな体験をするようです
を読んだんだが……

あるぇーー、すげー面白いw
言っちゃ悪いが、まったく期待してなかった。
ただいま銀様ED終。もうあれだ、これゲームにしちゃえよ。
僕は買うw

2009年10月25日

●ゾンビ天国

理想郷にてゾンビ天国でサバイバルが終わった……。
はやいなー。
最近、毎日更新の上にサクっと終わる作品が多いように感じるぜ。
ぶっちゃけ中身は見も蓋もない、タイトル通りの内容だったが面白かった。

ぜ、ぜひ続編を!

2009年10月13日

●デスゲームではない

今更感があるけど、理想郷で連載してた作品。
最近完結してしまい、日々の楽しみがなくなってしまったぜ。
タイトル通りMMOに取り残されてしまったが、デスゲームをしないという作品。
淡々として物語が語られるんだが、なんでかどんどん読んでしまう面白さ。
チラ裏時代から読んでたが日刊更新で異常なハイペースを維持していました。
設定が設定なだけに、ハッピーエンドが見えないのでちょっとショボーン。

だが、終わり方が「もしかしたら……」感をかもしだして、続きが読みたくなる。
いい作品だった……。

2009年09月17日

●シャープペンシルを武器にする

>シャープペンシルを武器にする
小説家になろう、にある小説。
いままで読んだ小説の中で一番笑わされた快作。
タイトルだけ見ると、シャープペンを武器にした、異能力バトルものって感じですが、全然違い、普通の高校生の学園モノです。
文章のテンポと笑いのセンスが異常。何度声をあげて笑ったことかw
一応ラブコメっぽいのもあるんですが、ヒロインの可愛さは100話超えないとわからないという、マゾ向けものw
あかねさんメインでいいと思うんだ、うん。メインヒロインの萌ちゃんに読者の意識向くまで、果てしなく長いよ!
とにかくオススメ。

2009年08月10日

●A++

小説家になろう、に投稿されてたオリジナル小説。

なんやかんやで最近読んでたんだが、これがまぁ面白い。
最初は安易なハーレムものかと思ってたんだが、40話過ぎたあたりから、キャラが魅力的になり、世界観がしっかりしていき、引き込まれるように一気読みしてしまいました。
続編がまだ作れる形で終わったせいか、続きが読みたい!と思ったわけで……
そうしたら読了後30分して、続編の新作が投下されたてたw(なんというタイミング
3ヶ月ぶりの新作の投下時期にうまく当たるなんて!
とにかく面白いです。オススヌ。

2009年08月02日

●学園の天使

エヴァと他作品とクロスしまくりの超長編で、なおかつスパシンハーレム、ごった煮というトンデモ二次創作小説の派生編が完結しておった。
まぁまだ続くのだろうけど。
なにせこの作品は質が高いだけじゃなく、更新頻度が半端ない。
毎週1話づつ更新してたのに、ストックがたまりすぎて、この2週間で60話オーバーを一気に更新するということをやってのけてしまいましたw
すげーーw
というわけでこの一週間くらいずっと読んでたw
ハーレム、最強、ご都合主義がなんだ!といわんばかりの超展開ながら、登場人物達の下半身が相変わらず節操なしだぜw寝取り寝取られ何でもありだしなw
さらにストパン、スカイガールズとクロスしたうえに、そのスカイガールズの女性隊員名がサクラ、スミレ、アイリス、またどっかで聞いた名前だぜw
その支部の場所が東京、パリ、ニューヨークで加撃団とはどういう用件だw
まぁ300話ほどやって、やっとサクラネタがでてきた、ってことでしょうかね。
(ちなみにシャッフル、ダ・カーポ、キャンパス2、シャナ、ハルヒ、ゼロ魔、つよきす、男塾、クラナド、ハヤテのごとく、ガンパレ、ガンパレオーケストラ、ナデシコ、ラーゼフォン、コードギアス、ヒロイックエイジ、銀英伝、ロードス、エルハザードなどとクロスしてる。ぶっちゃけ覚えてないw)

さらに解説だけど、この作品パッっと見一切解説がないので、何が書いてあるかわからないのだが
学園の天使
・本編
物語の最初、ぶっちゃけ本編ではなく序章
・蛇足編
ある意味本編。本編のあと一年くらいの間が書かれてる?
絶賛更新停止中で今後更新再開するとか
・派生編
蛇足編の一年後くらい。蛇足編がとまってるせいで、その後の設定がいくつか披露されている。
今回完結。僕の中での本編(何)

こんな感じだったりするので、もし読む機会があったら参考に。
あー面白かった。まぁ続きをまた気長に待つかなー。

2009年06月21日

●千雨と蟻と小銃と

なんだこの熱すぎるネギまSSはw
主人公がチートなんだが、それを踏まえた上でかなり面白い。
とくに使い魔アナセスの暴れっぷりが見ててすがすがしいぜ。
ただ相変わらずネギカモはうざいw

2009年06月14日

●奏楽のレギオス

鋼殻のレギオスのSS。
完結済み。

Arcadiaで評判だったので読んでみた。
一気読みだったせいもあるだろうが、あまりの名作っぷりに思わずブログに新しいカテゴリ作って書き込んでしまった。

レギオスは10巻くらいまで読了。
第一部は面白かったんだが、二部になってから設定わけわかめ。
何やってるんだかサッパリわからなくなり読むのをやめてしまった。
むしろ断片的に憶えてた設定をこの作品で補完したかも。
閑話休題。

ともかく、この作品がとんでもなく面白かった。
日常の1シーンにしろ何にしろ、なぜか続きが気になってしょうがなく、読者の睡眠を削ること受けあいのSSだった。
主人公の設定上、致し方ない終わり方かな、とも思うんだが、あとがきの裏設定読むとさらに切ない気分になる。
だがそれがいい。
安易な終わり方をしなかったぶん、中途半端な未完で終わることが多いネットSSの中で秀逸な出来になってた。
傑作。

だけど傑作すぎて、いい作品を見た後の例の虚無感が……あぁ……。