« サクラ大戦小説企画 | メイン | 花咲く乙女 »

2011年02月27日

●サクラ大戦小説企画その二

相変わらずのメモ。
矛盾点多々あるけど気にせず。
千雨さんと対して変わらない作り。

●メモ
・舞台描写は必須。だってサクラだし。
出来れば物語の冒頭は華やかな舞台シーンがいい。
・ゴテゴテとした組織間の抗争や奇抜なキャスティングはバックボーン。
あんまり表にするもんじゃない。
・シークエンス毎に引きを作る。
基本。千雨と対して変わらず。

●組織構図
・帝国華撃団
天海が司令。劇場ももちろん経営。
大神さんハーレム。

・黒之巣会
米田が首領。陸軍、帝撃と対立。
脇侍などを使う。
ベロムーチョ武田が密かに米田に情報を流してるとか云々。

・陸軍
京極慶吾のシンパ。白銀の羅刹を持っている。
降魔を研究中。信長復活が目的。
DS社と密約を交わしている。

・ジャンヌ・ダルク
グリシーヌが超人化。
物語的にトリック・スター。一人軍隊状態。
ある目的を持っている。

・巴里花組
巴里大隆起により混迷中。さらに隊長であるグリシーヌまで失踪。
紅蘭がジャンと霊子機関の研究をするため留学中。
アイリスは資産家の娘として登場。ラチェと逆に成人に達している。

・紐育星組
加山、マリア、サジータと面子的に優秀。
つか花組より明らかにチート気味。
DS社を追っている。

・神崎重工
すみれは霊子甲冑の研究の際に霊力を失っている。
物語後半のキーパーソン予定。


●幾つかの問題
・ヒロインが微妙。
裏ヒロインがさくらさんなので、メインヒロインの選抜に苦慮。
あまりにも性格が激しいと、頻繁に当てこすりが発生しそうなので、削除法で花火に。
うーん、でも花火かぁ。まぁ癒し系っぽいし、いいのかなぁという印象。

・ネタストック。
東中軒雲国斉(浪曲師)
小説・太正浪漫街道 以前レッドカンパニーのサイトにあった小説。
赤堀初太郎、広井星司 サクラ大戦前夜序章に出てくる二人。
どっかで絡めたい。

・資料
歌謡ショウ見直し。
ゲーム1・2もやり直すか。PSP版買っておくかなー。
泉鏡花作品や椿姫は読んだことあるが、シェイク・スピア読んだ事ないので買ったほうがいいかも。
前夜も流し読み必須。
大正時代の資料が欲しい。ぶっちゃけ東京の情勢なんでわからんし。

コメント

バトルメインでその裏で陰謀が動いている感じですか?
大人アイリスと子供ラチェですか?wwww

うーん、悩んでるところです。
ここ数日サクラ関連の資料を見てると、バトルメインにするとサクラっぽさが薄れる気がしました。
あと主人公大神ってのを意識しすぎてもダメなんですよね。
サクラってメインストーリーの流れにヒロインのバックボーンが絡みつき、そこに副菜としての大神さんがチョコンと座ってる感じなんですよ。
どうにも大神さんを意識しすぎるとサクラっぽくない。
そしてヒロインメインにするとバトルが薄い。
どないせーっちゅうねんw

コメントする