« メンドイなー | メイン | 咲が面白い »

2009年06月29日

●ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

月曜朝一で見てトンボ帰りしました。
できるだけネタバレはしません。

おい、お前ら、今年はコレを見ないと絶対後悔するぞ!
そう吼えられる一作でした。
まさに傑作。


テレビシリーズの要素が各所整理され、綺麗になった土台にドバドバと新要素をブチ込んだ、超エンターテイメント。
序にも増して使徒の迫力がアップ。あんな生物が本当にいるんではないだろうか、という錯覚をしてしまう出来栄えです。
特に序盤の使徒を見上げるシーンとかは迫力満点。

アスカもカワユスなぁ。もうサービスシーンだらけな上に、こんなに可愛いなんて。

各所にギャグネタや時事ネタまで配置。追加設定なんかもえらく時勢を反映してるというか、なんというか。シンジの料理が絶賛されてたりね。テレビでは「料理ができる」、二次創作なんかでは「料理がとんでもなくうまい」ってのが僕の中のイメージ。たぶんテレビ後のメディア展開とかで定着した設定なんだろうなー。

まぁそれはともかく、序でも書いたんだが、今回のシンジはとても熱い。
テレビでは事態に「抗う」主人公だったシンジが、「立ち向かう」主人公になったのはヒロイックでとんでもなくかっこよかった。
そのシンジの熱さと言ったら……クライマックスがたまらんですわい。

人物描写がわかりやすかったのもよかったなー。テレビ見てるとゲンドウなんて冷徹な男ってイメージしか無かったが、僕が年取ったせいもあるだろうが、ゲンドウの気持ちがなんとなくわかる。いわゆるツンデレ。

未見の人はわからないでしょうが、公式サイトのトップやらにある変なポスターとか、あのての広告媒体も本編見るとビックリするぐらいしっくりきます。

よくもまぁこんなグロくて気持ち悪い、脳天の斜め上を突き抜ける作品を作ったもんだ。(最上級褒め言葉)
正直言って”序”が色あせます。

見てない人はダッシュ!


以下ネタバレ感想。

……


……


……


というわけでネタバレ感想デス

・仮設伍号機
えぇぇぇ、こんだけーーーー!
つかマリのキャラ設定が超ポジティブでハジけてやがる。
いきなりわしづかみw

・時計っぽい使徒
あの壮大さ、巨大さが異常。
よくもこんなにかっこよく魅せるもんだw

・弐号機
待ってました。
かっけー!アスカ最高!
脳内大喝采だったヨ。

・トウジさん
ミスリード要員。
テレビ見てる野郎は普通に引っかかる。

・死亡フラグ
淡々と語るアスカに死兆星。
ここらへんで僕はバクバク。
アスカリタイヤをひしひし感じ始める(生命的にも、ヒロイン的にも

・ゼルエル
こいつはアカンぜ。あんなにかっこいいATフィールドがあったなんてw

・マリさん
マリさんのアクションたまらんぜ。
つかビーストモードとか、エヴァでやると安っぽさがなく、見ててわくわくした。
オンスロートに出てくる暴走ウルヴァリンを思い出す。かっこいいよね、あのウルヴァリン(何

・戦場を走るシンジ
男だ……いや漢だ。
ウジ虫男の代名詞として、僕らの世代で認識されてるシンジさんがあんなにかっこよく。
やってることがテレビと同じでも全然見方が変わる。

・シンジの男気
勇者王かお前はw
ってくらいコクピットで命がけ全裸。もうここらへんのエヴァにあるまじき、ど真ん中直球の”愛”の演出がたまらんぜ。アスカ派の僕でも「なんかレイでいいや」って気になってしまった。

・スタッフロール
おいおい、前回の予告と全然ちゃうやんか。「月から~」ってのがどうなってんねん。

・スタッフロール明け
ってここでかwおいしいとこ持っていきやがるwww
やっぱりこの機体が、前回の初号機なんですかね?
なんか月で一部分出てたけどウロ覚え。

・予告
まったく覚えてないwww

というわけで色々書いてみた。
あー、スッキリ。

コメント

いやー全く同意です。劇場初泣きしました。
あの子の見せ場がまだあることを
願いつつDVD待ちたいと思います。

僕は我慢しましたが、あの迫力と展開はグっときますよね。

>DVD
いや、マジでブルーレイ購入を考えてます。
PS3値下がりしねーかなぁw

コメントする