« 「劇場版グレンラガン」と「ポニョ」ネタバレ | メイン | チャーリー・ウィルソンズ・ウォー »

2008年09月27日

●ミスト

ミストのDVD借りてきた。
おもしれーーーー。
フランク・ダラボン監督がここ最近好きだったんで、映画館に見に行こうと思ってたんだけど……行けず。
つか、最近の洋画のDVDリリースの速さは異常w邦画も見習ってほしいもんだ。

ダラボン監督は、本当にスティーブン・キングと相性いいですね。
すんげー面白かった。
けっこう本読んでるつもりの僕ですが、なぜかスティーブン・キング読んでなかったり。読もう読もうと思うんだけど、なかなか中古で売ってないんだよなー。
ITとか読んでみたいのに。
ともかく原作知らないせいか、先が全然読めずにワクワクしっぱなしでした。
極限状態の恐怖と絶望がヒシヒシ伝わってくる、すげー映画。
ショーシャンクが灰色、マジェスティックが青色ってイメージなんですが、ミストは黒に近い茶色のイメージw
日常からほんの一歩離れてしまった恐怖。ついさっきまであった日常がジワジワと侵食される様が見ててたまんないです。
そしてクライマックス。
驚愕の15分とか、そんなんがパッケージに書いてありましたが、展開自体はさほど特筆すべきじゃないんですが、ただあの車のシーンだけは目に焼きつきましたw
ダラボン監督!次回作もキング原作でお願いします!

コメントする