« 魅音 | メイン | げえっ、関羽! »

2007年07月22日

●時をかける少女地上波放送

●時をかける少女(原田知世版
地上波のアニメ映画に合わせて、夜中にやってたんで見た。
僕が生まれる前の作品。正直言って通して見たのは初めてでした。
いい所もあれば悪いところもある、そこそこの作品。
物語の空気作りや、音楽、演出なんかはけっこういい感じだと思いました。
だけど主演の3人が大根。
いや、もしかしたらジェネレーションギャップなのか?
実は当時の学生としては、あぁいう感じがナチュラルだったとか…そんな事はないかw
ただ、見ていてアニメ映画版は、この映画版を踏まえた上で作ってるんだなという事はわかりました。
あと全編、舞台風景が美しい。尾道が舞台らしいが、何とも言えず情緒深い町並みですね。
傑作、名作!と間違っても評価できないけど、印象深い映画ではありましたよ。
そういや主題歌の作詞作曲ユーミンなんですね。スタッフロールの演出は好きやで。

●時かけ
久しぶりに見た。
DVD買うぜ!とか豪語しながら買う前に地上波放送。
ブックオフの950円割引券の使い道がなく、時かけの中古入荷を待ってたが…シット!
一年ぶりの再会。面白かった、泣きそうになった。
相も変わらず、真琴という主人公はスクリーンの中で飛んで跳ねて笑って怒って叫んでた。
見方変えれば、これは完全に真琴のPVだよ。
鑑賞後にさわやかになれる稀有な映画だチキショウ。
中学3年の三学期、僕は推薦で受験が早々と終わってしまいました。
みんなが受験に勤しんでるのを横目に友達2人と3人で、学校帰り毎日グランドや空き地でキャッチボールしてたのを思い出した。
もちろん男3人で…切ねぇぇぇぇ。

コメントする